フォト

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« [es]NetFront V3.3 for Pocket PC | トップページ | [es]卓上充電台 »

2006年9月16日 (土)

[es]ATOKの予測変換OFFの効能

ATOKの予測変換をOFFにする事で動作がキビキビするそうです。
試してみたらホント!気持ちよく入力出来るだけではなく、連絡先へのアクセスまで良くなる。
予測変換が足をひっぱて入力がもたついていたんですね。
ATOKの推測変換をON/OFF出来る「ChgSuisoku」も公開されていますから、今度入れてみようと思います。
やっぱり推測変換が欲しい時もありますから、簡単に切替できた方が便利ですよね。

更に、ボタン割り当ての時に「上/下コントロール」タブを開き、上の待ち時間を最短に、下の移動速度を最速にしてみてください。操作感が断然向上との事。
こちらもやってみたらその通りでした。色々設定いじってみるものですね。
Today画面や連絡先画面でスクロールしてもらうと体感出来ます。

9/17追記:ATOKの推測変換をON/OFF出来る「ChgSuisoku」を導入してみましたが正常に動作しています。
メニューに登録して必要に応じて切り替えて使っています。
常駐させて携帯モード(縦)の時ON、フルキーボート(横)の時OFFにも出来るようですが・・・
ONにしたい時、OFFにしたい時は人によって、入力内容によって違うでしょうから手動で切替える事にしています。
解説は:ウィルコムファン W-ZERO3
開発は:w-zero3日和
をどうぞ。

« [es]NetFront V3.3 for Pocket PC | トップページ | [es]卓上充電台 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [es]ATOKの予測変換OFFの効能:

« [es]NetFront V3.3 for Pocket PC | トップページ | [es]卓上充電台 »